本日はいつも来院されて対面治療を受ける方なんですがいよいよ冬到来ということっで遠くから通っていただいているので冬期期間は通えないということで遠隔治療の効果を確かめるため電話にて治療を行いました。

いつも電話で話しながら治療を行うスタイルと電話を切って行うスタイルを確かめましたがどちらも効果は同じであることを確認してもらいました。

北陸の冬は雪が多く道路も凍結がありますのでここまで来るには多くの時間と、危険を冒しながら車で来なければなりません。


遠隔治療にしてしまえばたぶん時間は1/5で済むと思います

主婦の方は時間がもったいないからこの方法で効果が出るならこれに冬期期間だけ切り替えてもらうことに。

でも、中には遠隔治療では効果が満足できない方もおられますからやはり確認してからが一番ですよね。


 

最近増えているのは「何となくだるい、調子が悪い」という人たち

そんな人たちに「肩こりはしてますか」「腰、背中は張ってませんか」 と聞くと

「何ともないです、私は肩こりはしたことがないです」

何れ答えが返ってきますが、触診で肩や背中腰を触るとガチガチです

まるで石が肩の中に入っているような硬さ何ですね

そして強く押してみても「痛い!」とは言わないんですね

これが怖い!

痛さを通り越してマヒしてるんですがそうなると次はめまいを起こして倒れることになる

その時に初めて私少し疲れ気味だわ〜 なんて思い薬を飲むか整体かマッサージ何かに通うことになる

こうなっている身体は正常に戻るにはかなり時間がかかります

マヒしてるからだに痛い感覚を取り戻してそれから痛くない身体にしてゆく過程が必要なんですね

それでもだんだん身体の調子がよくなってゆく姿を見てるとこちらもうれしいです

 

会社勤めでストレスを抱えて知らず知らずのうちに身体がおかしくなってしまう

そんな症状が身体に現れるのは大概の場合肩こり、頭痛、背中の張り、

初めて来院された時は肩を触診したらガチガチだった

触っていてこんないまでひどくしてしまって、って思っていたが暫く通ってもらったら最近は肩は「やわやわ」

つきたての餅まではいかないけど石みたいだった肩は本来の柔らかさに戻っている

だから、来院して最初に話す言葉は

「最近は調子がいいです♪」

です。

これだけ柔らかくなっていたら仕事のほうも順調にこなしてるんだろうな。

たぶん。


 

初回から3カ月経ってどうにも痛いからといって来院

最近は家の建築が忙しくて来たくても来られなかったが、少し時間が取れてようやく来ることができたと痛そうに話してくれた

もともと腰椎ヘルニアで初回はすぐに痛みが取れ足の神経のしびれや麻痺感覚がよくなった人だから今回もやはりすぐによくなってくれた

よくなったか否かは基本的には足の親指などの筋力があるか否かで判断させてもらっているが悪いほうの親指は全く力が入らない

それが1分ほどの身体の軸の調整ですぐに回復するがさらに寝てもらって患部の骨盤や脊柱などの調整などを行うことでさらに盤石のものにしてあげる。

開始してから10分ほどの治療で腰の痛みや硬さはなくなり

「また来ま〜す」

といって喜んで帰って行かれましたが腰を使う仕事だからまた痛めるかも。

そろそろ北陸は冬になって雪が多くなってくる
道路は雪が多くまたアイスバーンなどになって遠くから来院される方々にとっては来院しづらい季節になってきました。

そこでその方々にはそろそろ遠隔治療に切り替えましょうか?

と話をしている。

人によっては直接治療をしたほうがいい人もいるがそうでなく電話で話をしながら治療ができるほうでも同じ結果を得ることができるので時間と安全を考えて希望の方には「遠隔治療」に切りかえている。

「気」というものをあんまり信じない人には胡散臭い話だが実際に治療を受けて効果を体験された方はよくわかんないけど楽になるということだけはわかってもらっている

ストレスを受けて体調がおかしい人や腰や肩が痛い人や胃腸の調子が悪いとか膝が痛いとか、難治性の病気を持っている人とかそんな人たちが「楽庵」に来てくれています。

1回目で大きく変化して今までの病院や他の治療は何だったんだろう?

なんて不思議な思いをして帰られる方が多くなってますね

この「遠隔治療」は必ずしも初めに来院されていな暮れも初めての方でもOKです

あんまり信じられない人のために「お試し」の料金設定もしています

初めての「遠隔治療は」1,000円/初回 で行っていますから受けてみたい方はメールかお電話でご連絡ください(ホームページ参照:射水市 気功 楽庵で検索)




 

 身体が片がって腰が痛い背中が痛い肩が痛いと訴える患者さんです

見事に片がってます


すぐに三軸修正法で身体の軸を整えてあげると可成り片がっていた身体はほとんどわからない状態に


本人も傾いていたからだがまっすぐになったと感じていて肩や首、腰を動かして痛みを確認するとかなり軽減されてると大喜び。


この後、細かいところを修正して本日は施術終わりです


病院での診断は繊維筋痛症


身体のあちこちが痛くてたまらない

圧痛点を押して検査して痛みがでる

この病気の特徴だ


普通に来院される患者さんが肩こりだとか腰痛だとか背中痛など色んな症状を持っている人が同じように圧痛点を押せば同じように痛がる


だから普通はわかりにくい


が、痛みが 特に強いし軽減しないことで判明するようだ


そんな患者さんの治療を開始しまして数回で痛みがかなり消えてきました


圧痛点を押しても痛がることが少なくなってきました


この病気の治療としての特徴は開始してからしばらくは痛みが強くなったと感じることが多い


がしかし、これは治療し始めると痛みがかなり軽減されるのでその反動で痛みが戻ってくるときに元の痛みの強さではなくてもそのギャップで痛みが強く感じることが多い


今回もそうだったが明らかに圧痛点の痛みが軽減されていることが分かっていたので本人も頑張ってくれた


そのおかげで苦しみからは解放される日が近づいてきている










 脊髄梗塞ですと言われて ??? と一瞬なんだ?と思った


初めて聴く病名だからだ


それもそのはず 脳梗塞の発症率の数百分の一くらいの発症率出そうである


11年間で初めての出会いだ


これは病名の通り脊髄のどこかで血管が詰まり血が通わなくなる病気で発症したらマヒが起こるもの


そんな病気で身体や四肢に稼働制限が起きている患者さんが来られまして治療を開始してます


脚の可動制限、指の可動制限が主な症状ですがいままでに数回の治療を行ってきましたが脚や指は治療中は曲がることができ始めていますが翌日には元の近くに戻ってしまいます



でも、治療中に曲がるってことは動くという証拠


少し忍耐ずよく治療を続けていけばかなり良いところまで回復すると思われます


「今朝から少し違和感があったんですが買い物に出かけてかがんだときにギク!とやってしまいました。で、電話での治療をお願いをします」 


以前一度来院されたことがあった方でしたのでどのようなことをするかはわかっておられますからすぐに治療を開始し2分ほどで身体を動かしてもらったら痛みが消えてました


「先生 遠隔でも来院した時と同じなんですね♪」


「身体にびりびり感が出て来て身体が軽くなってゆく感じです」



人によって気のエネルギーを受ける感覚は違っていますがこの方はびりびり感があったようです


気ってものは本当に不思議なものです


やってる自分が不思議です

 前回長い間苦しんできたパニック障害の方で家の中を片付けることができてうれしい一歩が踏み出せたことを書きましたが今度は外を歩くことができたと報告がありました。


前回と同じく無理にやってみた苦しかったけどやってみたというのではなく、スッと何の障害もなくできたということでした

普通の生活リズムの中の動きが当たり前のようにできた


そんな普通の人ができる当たり前のことができたという報告です


こんなうれしいことはない


なんたって長い間そんな当たり前のことができずに苦しんできたから


この方以前にも同じようなことが起きてそして治ってまた同じようなことが今起きています


このような病気は一度治って再発すると治りがかなり遅れます


が、この方がんばりました


苦しみながら頑張りました


そしてようやく光を見ることができ始めました


もう少し、もう少し、もう少し  です





Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM