世の中鬱の人が多くなってきている 精神的に辛い思いをして苦しんでいる人が多い


そんな話を患者さんと話していた


その患者さんもやはり家族のことで長年苦しんできて身体を壊し精神的にも苦しんできた


楽庵の治療を受けてかなり回復してきて仕事にも復帰しそれなりに働くことができる状態になってきているがそれまでの間はやはり山あり谷ありの状態で良くなったり悪くなったりでした


身体的には実際には相当に回復していたんですが家に帰るとそこに問題が待ち構えていてどうにもいらいらして気分が落ち込んでくるという繰り返しでした


あるとき、治療を終えてから話をしていて、


「そんなに嫌いなら出てゆけばいい、出来なければ受け入れればいい」  


と話をしたら その方は受け入れる方を選択したんです


要するに敵対しないで、


「はいはい そうなんだ〜」


  みたいに一度受け入れてみるように考え方を変えてみたんですね


そうしたら、それからは更に身体も心も軽くなって顔色まで見違えるようになりました


いつも人は心の中で葛藤しています


その葛藤が自分の身体を壊し心を壊してゆくのがなかなかわかんないんです


その人も普通の人間ですから素直に受け入れることができるときと出来ないときがあります


出来ないときはそのあとから身体が辛くなったり気持ちが重くなったりしてふさぎこむ時間が多くなるということに気づき  ああ〜 そうかやっぱりこのような考え方をしたら駄目なんだ、と素直な心になるように切り替えるそうです


治療は外部から行うものと内部から行うものとありますが、この方の心の中から行う治療はなかなか良い治療法だと思いますね



楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)   
電話で救われるかもしれない遠隔治療   
楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)

こちらに来られる方は症状が一つや二つではない人が大半です

たいていの場合は、肩や腰、そして精神的な主症状であとはこんなのもあったとかいうように付け足してあるものが多い

カルテは多い人は10〜15位書く人もいる

そんな中で今日は、自律神経失調症ということで首や肩、疲労、不眠などを訴えていた方で足首をねんざを何回もしていてうまく足の裏がつかないという方がおられました

治療はもちろん自律神経失調症を主体にして行い首の骨の歪みがひどいのをすぐに真直ぐにして症状を取りましたが、ついでに足首も治しておこうと黙って治療を加えておきましたところ、後で足の状態を確かめるといつもと違うと首をかしげています


いつもこのようにしたら足裏がうまく着かないと言っていたのがうまくつくのでおかしいな〜?と首をかしげているんですね(笑い)

そこで、

「これは今治療したんですよ」

と言ったら少し信じられない顔をしてましたが最後は少し納得したようです

自分は肩や首、背中の張り、そして不眠などを直してもらおうと思っていたのが足首までないっているのだから少しは満足したと思いますね


気療は本当に面白いもんです


楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)   
電話で救われるかもしれない遠隔治療   
楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)

自律神経失調症や鬱で悩んでいる方はたくさんおられます

昔もこのような病気で苦しんでいた方は多かったのだとは思いますが現在のようにはひどい状況ではなかったように思われます

勉強や仕事、家庭内でのストレス、長時間労働、食べ物


など直接的ではないにしても間接的にも影響を何らかの形で受ける環境が多く周りにあります

そんな中で知らず知らずに蝕まれてゆく身体


長い間、病院やいろんな治療を受けても良くならずあきらめていたのが

ギアのチェンジが行われたかのように急激に変化

して身体がうそのように楽にあり頭の中が明るくなる感覚をうけた体験をした方がいます

昨日までの暗く重苦しくやる気が出ない倦怠感がど〜んと消えてしまったのです

気というエネルギーは不思議な力を宿しています

昨日までの治療にほんの少しだけ気の流し方を変えただけで患者さんの身体が大きく反応をして身体が勝手に動き出す自発動が始まりその自発動が終わった時にすべてが変わってしまっていたのです

それまで数回治療を行っていたが楽にはなるんですが芯がまだ残っている感覚です

だから、次回にはまた元に戻ったような症状が現れます

でもこの患者さんあきらめずに来てくれました

どうしても治したいという気持ちで来てくれたんですね


その気持ちが通じたのか否かは定かではないが、あるときから私と患者さんがはっきり気のエネルギーがつながった感覚が出てきたのを感じました


その瞬間、患者さんの身体が大きく動き始めまして自身の身体の都合の悪いところを治し始めました


見ていてかなり苦しそうな感じをしましたが途中で聞いてみたらそうでもなさそうでこのまま続けることに・・・・

そしてもうこれでいいだろうというところで自発動を止めて状態を聞くと今まであったすべての症状が消えていました

気持ちもすっきり!です

からだもすっきり!です


この患者さん、初めの数回はそれほどの反応はしてませんでしたがあるときからギアチェンジが始まり今では家に帰っても動いているようです

しばらくはこの動きは続くかもしれません



楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)   
電話で救われるかもしれない遠隔治療   
楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)

鬱病で会社に行けずに休んでいる方だが3回の治療で会社に復帰して仕事をされているとのこと

若いころから症状が出ては消え、消えては出てくるの繰り返しだったそうです

一時は完全に治ったかのようにすっきりした時もあったのがまた出てきて来院されました

1回目、2回目と治療をしてゆくと良い状態が続く期間が長くなってきて3回目が終わった時点で「良くなった」ということで会社復帰されて以後来院していない



ところが私は少し違う

確かに会社復帰されたかもしれないが、私が受けている感じはまだ完全ではないような気がする


まだ芯が残っている感じがする

この病気はここで油断すると再発して次に治療するときはかなり厄介なのだ

本人は治ったと思って来院されないのだろうからそれはこちらから「来なさい」といって促すのも嫌だからそのままにしてはあるが、出来れば早めに来てほしい


次にまた再発したら心がくじけるからなお深いところに入って行ってしまう可能性がある

出来れば・・・・・

もっとしっかり治した方が良い!


楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)   
電話で救われるかもしれない遠隔治療   
楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)

自律神経失調症と診断されて学校へ行くのがつらくなっていた患者さん


施術を繰り返すごとに次回来院する期間が延びてきています

前回までは、それでも施術するときに聞いたらまだ頭が痛いとか気持ち悪いとか言ってましたが今回はそれを言わなくなったのです


「今度は頭も痛くなかったよ嬉しい


とかわいげな声で報告です


大きな進歩です

これではっきり治るめどがつきもう少しで来院することは必要なくなるでしょう


楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)   

電話で救われるかもしれない遠隔治療   

楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)

県外からの遠隔治療の依頼です

全身の倦怠感、頭痛、肩こり、背中の張り、そして疲れが取れずにやる気が出ない、更に夜が眠れない

話を聞いていると元気がなく何とかして〜!という心の叫びが感じられます

いつものように電話口で施術を開始ししばらくして確認をすると変化があったようで

「少し楽になったような気がします」

と返事が返ってきました


そこで更に続けてゆくと身体が軽くなったのがはっきり自覚できるようになり頭も軽くなって来たのが分かるようでした

そこで、電話を切って再度遠隔を行いクライアントさんが満足したころに再度電話を受けると先ほどより更に楽になったとの報告です


このクライアントさんは、さらに2回3回と続けることになったのですが2回目の後半ころよりこちらで身体に感じる感覚が大変軽くなりそのことをクライアントさんに尋ねてみたらその方は身体が勝手に動き出していたそうです


そして3回目には、その感じが更に強くなり(患者さんは自発動をしている)施術後の結果を聞いてみると今まで苦しんでいたいろいろの症状が消えてしまっているとのことです

うれしいですね〜嬉しい

いろんなストレスから身体や心が病んでしまうことが多い時代、このように回復してくれる人がいるのはうれしいことです



楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)   

電話で救われるかもしれない遠隔治療   

楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)

病院で自律神経失調症と診断された子


夜の寝気も悪く夢見も悪い

首や肩背中におなかが痛い

おまけに気持ち悪く学校も休みがちになり遅刻早退が多くなりました



そんな患者さんの身体を触るとやはり骨格が歪んでいます

特に自律神経失調症の場合首と仙骨は大事に見ますが首はかなりひどい状態


そんな患者さんを骨格の歪みをただし内臓への影響を緩和し、いつも最後に大事な脳(心)への施術を行います

骨格の歪みは心の歪みがおこした結果であるのか身体の歪みが心の歪みを引き起こしているのかどちらが先か後かは別にしてどちらとも治すのが早道と考え脳に話しかける

身体が治りたいと欲していると脳はきちんと応えてくれる見たいでこちらの身体が涼しげに楽になってくる



いつもそんな施術をして身体と心を治してきました


そんな施術を数回行った結果この子は学校に行けるようになってきました





自律神経失調症という病名があるがこれは? である


簡単に言うと交感神経と副交感神経のバランスが崩れた状態ということになるが

確かに崩れた状態で来られる方が多いのも事実


肩がこる、頭が痛い、背中が張る、眠れない、疲れる、いらいらするなど


病院へ行くと西洋医学的な見地から見立てて処方されるのだが大概の場合すっきりしないことが多いのではないでしょうか?


そして、いろいろのところを回って薬づけになってなお一層身体に変調が起きてくる


こんな場合、われわれが診ると身体の歪みを正すことで多くは改善することになります


脊柱には多くの神経が走っているのだがその神経が身体に歪みを起こすと神経圧迫が起きまた脳に循環している血液の流れも阻害される


命令系統に阻害が起きると人間の身体は正常に働かなくなります


阻害が起きた部位に関連する身体の機能がうまく働かなくなり身体にいろんな症状が起きてきてその異常が更に心(脳)に働きにも影響が出てだんだん行動が停滞してくるようになります


だからまず身体の歪みを正すのが一番です


身体を治せば心が治ります


そんな自律神経失調症と診断された方が、何回かの施術を受けて元気回復しました


楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)   

楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)

腰痛で定期的に通われていた方です

最初に来院された時は痛みがひどく少し歩くとしゃがみこんでいた腰痛が最近は痛みはまだ多少は残るが、残る程度という状態になりこの後は痛みがひどくなってきたら都度来院することになりました

その治療が終わった後、はじめてお話しされたことがなくなった旦那さんのことで実は一緒にいたころはドメスティックバイオレンスにあいよくけられたり殴られたりしていたことを打ち明けられました

その旦那さんが亡くなってからも友達とかと話をしているとそのことが思い出されて不快な気持になっていたのですが、このように「気の治療」を受けている間にいつの間にかいやな思いにならなくてもよい状態になったそうです

そのころから腰の痛みもやわらいできて心の中も憎しみが消えて今は平和な気持で生活していることを打ち明けてくれました


私はおかげで心が浄化されました  ありがとうございました と・・・・


気のエネルギーは腰を治しているつもりでしたが自然にこの方の必要としている処にエネルギーが注ぎ込まれて心が救われたのだと思います


気とは本当に不思議なものですね

ある病気で苦しんでいていつも体に不都合を感じていた方ですが、これで楽庵に通い始めて半年以上になりました


初めのころは気で治療をしていて少し時間をかけて行っていたのですがだんだん効果が出てきて今では2〜3分も治療を続けると逆につらくなるということ


終わった後、昼からはぐったりして眠りこけてしまうようです


当初、来院されたころは毎日がつらくてこの後の人生がこのまま続くのか〜と思い苦しんでいたのですが、気の治療を受けるようになってからはそんな考えはなくなり2〜圭鬼屬瓦箸僕莟,靴銅N鼎鮗けてゆくのが楽しみになったとのことです


ただし5分10分治療を受けると車の運転もままならないくらい眠くなるので2〜3分くらいでストップ!です



処が面白いものです


私のほうは彼女の身体の中に気のエネルギーが心地よく流れてゆくのがわかりますが彼女のほうは全くそれを感じていません


これだけ気の受診能力があるのに感じられないとは・・・・?


いつも言葉を交わすのは


「もったいない」


です


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM