前回治療を受けての感想が今日聞かれました

肩凝り、背中の張りで身体が重かった患者さんですが治療後すぐに身体が楽になりましたが、それよりも感想はその帰りのことです

ここの来られる時は車で来られますが、来る時と帰るときの車に乗っている感じが全く違っていたといいます


どう違っていたかというと、


来る時は車の振動を普通にガタガタというように感じてきたのですが帰るときはまるでスケートリンクで滑っているかのような滑らかな車の動きというかタイヤの感触というかなんとも言われない滑らかさを感じながら運転していったそうです

こんな感じは今までに味わったことがなかった、とうれしそうに話してました


たぶん身体の細胞が一つ一つ固くなって分離していたというような身体の認識が緩むことで細胞同士が溶けあうような感じになって衝撃が吸収されるような感じになったのかと思います

それだけこの方は身体全体が緩んだということなのでしょうね


ああ〜  できれば私もその感触を味わいたいで〜す

普通の人が「気の遠隔治療」なんて聞いたらあほらしくて聞く耳を持たないというのが大半だろう

自分もこの世界に入らなければそのように思ったに違いない
テレビの世界で遠くにいる人を電話を通じたり電話を使わなかったりして行う気の遠隔操作あるいは遠隔治療はまやかしに違いない、テレビのやらせと思っていただろう


それが「気」という力を使うことができるようになって目の前にいる人を触らずに治したり、自由に人を動かしたり、遠くにいる人の症状を撮ってあげたりすることができるようになって「気」というものの不思議さを感じるようになってきた

初めのうちは相手に「気」が伝わっているかどうかがあまり分からない状態で人と接触していたがだんだん経験を積むようになって「気」が相手に伝わってつながった感覚が分かるようになってきた

更に、相手の状態(症状)がどのレベルに回復しているかが「気」を流しているときに自分の身体の中を流れる「気」の流れ方でとらえることもできるようになってきた

「気」とはよく言ったものだと思う

「気」とは思うことであるような気がする

よくなると思えばよくなるし、悪くなると思えば悪くなる

自然の力とつながったと思えばつながるし骨が動くと思えば動く


だから遠隔治療のように遠くにいる人を治療するときでも遠くにいると思わないですぐそばにいると思えば治療は簡単なんですね

そうして、身体が目の前にあって筋肉の状態や骨の歪み状態、骨盤のゆがみや身体の痛み、あるいは内臓の状態、脳の状態、精神状態などを見えてるように行うことで遠隔治療は成り立ちます

じっと、意識を集中すれば身体の中がなんとなく見えてくることがあります
実際に映像になることは少ないですが身体に感じる感覚が目の前に身体の中をイメージさせてくれます

その感覚をたどってゆけば悪いところが改善してゆくのが分かりますね





腰痛で定期的に通われていた方です

最初に来院された時は痛みがひどく少し歩くとしゃがみこんでいた腰痛が最近は痛みはまだ多少は残るが、残る程度という状態になりこの後は痛みがひどくなってきたら都度来院することになりました

その治療が終わった後、はじめてお話しされたことがなくなった旦那さんのことで実は一緒にいたころはドメスティックバイオレンスにあいよくけられたり殴られたりしていたことを打ち明けられました

その旦那さんが亡くなってからも友達とかと話をしているとそのことが思い出されて不快な気持になっていたのですが、このように「気の治療」を受けている間にいつの間にかいやな思いにならなくてもよい状態になったそうです

そのころから腰の痛みもやわらいできて心の中も憎しみが消えて今は平和な気持で生活していることを打ち明けてくれました


私はおかげで心が浄化されました  ありがとうございました と・・・・


気のエネルギーは腰を治しているつもりでしたが自然にこの方の必要としている処にエネルギーが注ぎ込まれて心が救われたのだと思います


気とは本当に不思議なものですね

ちょっと前までは半そで姿で治療を行っていたのがあっという間に長袖になり最近はエアコンを入れて暖房が必要になってきました

季節というものは早いものですね

暑い寒いを繰り返しているうちに日々が過ぎてゆきます

昨年の12月に小杉の治療院からここ草岡の治療院へ移ってもう一年近くになりました


今年は、自分は成長、進歩したのか?

たくさんの人を痛みや苦しみから救えたのか?


ともに喜びを味わえる一年だったと思いたいのだが、果たしてどうだったのだろう?





この治療室に来られる方で治療を受けている「気」の感覚が分かる人は6〜7割くらいかも知れない

後は感覚は分からないけど終わったら楽になっている人たち

特に初めての方は「気」の感覚が分かりにくい人が多い


そんな人たちは何回か受けているうちに感覚が分かってとても気持よく治療を受けることができるようになる


全体の中で2割前後の方が「気」の感覚に特に敏感に反応するようで動きも出るし施術中には顔にその気持ちよさが表情として出てくる


更に敏感に反応する人は、「気」の流れをはっきりとらえていて施術中に今どこに流れているとかどの部分に来ているとか実況中継してくれる


たとえば首の骨とか背中の骨、骨盤などを調整することを「気の力」で行うのですが


「先生! そこの骨じゃなくてその下の骨です」
「その向きではなくこちらの向きに囲碁化して〜」


とか言って、こちらが調整しようとするのを教えてくれます


これって、別に触っているわけではないのですがこちらから意識を送るとあいての方が反応してくれるんですね

「今日は、頭から入ってきて背中に流れ腕を通って行きました、そこでしばらく止まって今度は脚に流れてほわーんとしてたら急に足裏に抜けました」


なんて話していると実に面白いですね♪

「気」って本当に面白いです


もう2週間待って改善しなかったら手術をしましょう

と言われて何とか手術は避けたいと私のところにこられました


主訴は、腰の痛みと足のしびれ

さっそく動診、触診を行い改善ポイントを特定して治るように「気」を送り始め5分ほどで一度確認を行うと

効果が出てきたようで痛みが和らいできています

しかしながら、お互い思ったところまでは改善していなくて再度更に良くなるように施術を再開


次に状態を確認すると前回よりもかなり良くなっています

前屈、伸展、側屈、回旋など確認かなり良くなって痛みもなくなっている

しびれはというと拇指のしびれも消失


10段階で1〜2まで改善してるのでこれでOK


後は自己治癒力が働いてくれる余地を残して今日はこれで施術は終了です


この後数回は施術は必要かもしれませんが手術は避けられることになるかもしれません

本日は、県外から来院された患者さんです


かなり以前から偏頭痛に悩まされて地元の整体にいっておられた方ですが、今回シルバーウィークに合わせ実家がある富山県に帰ってこられました


そこである方から紹介されて来院されたのですが、治療をする前に身体の各部を触診してみると首、肩はもちろんガチガチでしたが身体全体がむくみがある状態でした


常の緊張状態で身体の体液が循環していないようでした



さっそく、骨盤、や脊柱の可動性や変異を検査結果に従って治療を行って動作確認をしてもらうと動きが悪かった首が動きやすくなり肩も楽になってきました


この状態はまだ少し違和感が残っている感じがしているとのことで再度治療を続行すると今度は首の動きは完全に違和感は喪失

更に肩背中、目の疲れ、腰、胸の凝り感を省いてゆくと今までの身体の重さがなくなり楽になったとのことです


問題は、偏頭痛なんですが頭の重さは目の違和感が散れたときに改善してしまっていましたが再度再発しにくいように脳に回復するようにエネルギーを流して偏頭痛の治療を終了しました


この方は、「気」を送っているとしっかりとした受診の能力があるようで私の手や体にいい感じで跳ね返ってきます

県外ということもあって、来院はなかなか難しいというところがありますので、電話による遠隔治療をお勧めしておきましたが「気」の反応からは十分に効果が出ると思いますね


不眠症、肩こり、生理痛で来院された患者さんです


仕事柄パソコンを扱う時間が多いのと帰宅してから趣味のゲームで寝る時間が遅くなることなどで最近は不眠症になって寝れませんとのことです


確かに肩を触ったらカチカチ、  首もゆがみ気味、  腰も片方が筋肉が固まってしまってます


とりあえず首や背中の骨のゆがみ、骨盤のゆがみを正しながら筋肉を緩めてゆきますがこの方なかなか簡単には緩んでくれません


そこで気のエネルギーだけではなく他の手技技をとりいれながら治療を行ってゆくとようやくゆるんできました



少し時間がかかったのは猫背になっているということ



同じ猫背でも脊柱の関節が柔らかい(可動性がある状態)人は難しくはありませんが可動性が失われている猫背はなかなか難敵です


長い間仕事と家に帰ってのパソコンで首が前に突っ込んでいってしまっているので背中が丸くなって固まってしまっています


これじゃ 肩がこるわけだ



肩がこると血流が悪くなったいるということだから頭に血が流れず寝れなきうなります


何日かそんな状態が続くとその状態が長く続くことになり不眠症になってしまいさらに肩が凝ってしまいます


そんな患者さんがようやく解放されまして


「最近はよく寝れます」


と報告がありました


確かに顔色もよいし生き生きとしてきました


おめでとうございます♪

ある病気で苦しんでいていつも体に不都合を感じていた方ですが、これで楽庵に通い始めて半年以上になりました


初めのころは気で治療をしていて少し時間をかけて行っていたのですがだんだん効果が出てきて今では2〜3分も治療を続けると逆につらくなるということ


終わった後、昼からはぐったりして眠りこけてしまうようです


当初、来院されたころは毎日がつらくてこの後の人生がこのまま続くのか〜と思い苦しんでいたのですが、気の治療を受けるようになってからはそんな考えはなくなり2〜圭鬼屬瓦箸僕莟,靴銅N鼎鮗けてゆくのが楽しみになったとのことです


ただし5分10分治療を受けると車の運転もままならないくらい眠くなるので2〜3分くらいでストップ!です



処が面白いものです


私のほうは彼女の身体の中に気のエネルギーが心地よく流れてゆくのがわかりますが彼女のほうは全くそれを感じていません


これだけ気の受診能力があるのに感じられないとは・・・・?


いつも言葉を交わすのは


「もったいない」


です

この病気は、まだ治す方法が無いみたい

全身18箇所のうち11箇所の痛みが出たらこの病気を疑うことになる
そのほかに鬱的症状や不眠などの症状も伴うよう
筋痛症の痛みは半端ではない
少し触っただけでも凄く痛がります

こんな症状の方はたまにこられます
その時は、病名はありません
たぶん本人はただの肩こりとか、腰痛だとか、脚の痛みだとかでそんなだいそれた病気だとは気が付いていないからでしょうね

こちらもそんな病気だとは知らずにやってしまっているときがあります

おかしなもので、難しい病気だとは知らないでやっていると案外良くなるんですね
気とはそこに思いが乗っかっているから難しいと言う思いが気の中に入り込んでいると治りにくいし、コレは普通の肩こりや腰痛だと思ってやっていると案外簡単に痛みが和らぐことがある

そんな痛みをまずは電話施術で取れるかどうか試してみませんか?
気とは不思議なものです
案外上手く行くかもしれませんよ


電話による遠隔施術は本館ホームページで確認してください
(初回は無料です)


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM