今までいろんな病院や治療院などに行ってもなかなか改善しなかった症状をお持ちに方です


これまでに4回ほど来院されていまして症状は最初から比べるとまったく別人というほどに違ってきていますがそれでも今は1カ月〜1ヶ月半くらい毎に通うようにしています


その方が言われるには、今まで長い間苦しんできて薬も駄目、医者も駄目、いろんな治療院も駄目でよくならなかったのがここへきて本当によくなった、 でも、まだ都合が悪くなることがあるのでその時にここ楽庵さんに来ればこの苦しみから解放されるということが分かってきたので


「すごく安心できてます」


と、言われてこちらも心が温かくなり本当にこの仕事をしていてよかったと思うことができた


このような言葉を聞くのは我々治療家には力を倍増させる魔法の言葉ですね〜♪


楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)            電話で救われるかもしれない遠隔治療              楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)

気療法を施術しているときに患者さんが変化を起こしているか否かを自分の身体で感じる瞬間が気持ちいいですね〜♪


初めに寝てもらって頭のほうから気を流しながら異常個所をまるで腕や身体を使っているように施術してゆくんですが(もちろん触ってはいません)初めの数分は身体の異常を感じ取っているんですがいろいろやっているうちに身体に変化が現れます



それは自分の身体に感じ取れます


良くなった瞬間から身体の中を流れる何かが軽くなります


今までいろんな混ぜ物があってじゃりじゃりしていたものがまったくなくなってまるで宇宙空間にいるかのように無重力な状態になる感じで流れを感じます


その時は、患者さんは身体の変化を起こしています


細胞のひとつ一つがくっついていて細胞間を流れる潤滑油が流れなくなっている状態から細胞間が開いてその間を潤滑油が流れて細胞の一つ一つにエネルギーが届き細胞が生き返ってくるような動きです


ようするに良くなっていっているということでなんですね

だから施術が終わってからの患者さんの顔色はまったく違っています

また、気持ちもまったく変化しています


すごく明るくなって楽しい顔に変化しますから


こんな施術は楽しいですね♪



楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)   
電話で救われるかもしれない遠隔治療   
楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)

ギターサークル仲間が前回休んでいて今回出席してきたが腰が痛くて来られなかったと話してくれた



それじゃ 私がちょっと診てみましょうか?


と、言ったら



これ以上悪くなったら歩けなくなるからまたいつかの機会にでも、と堪忍してと言わんばかりの顔

  ・
  ・
  ・
  ・

んん〜 まだ信用されていないか〜


もっともな(笑)


楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)   
電話で救われるかもしれない遠隔治療   
楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)

ときどき患者さんが怪訝そうな顔で聞くことがあります


「先生のほかに誰かいました〜?」



施術中に起こる時々の話です



患者さんは横になって目をつむって寝ているか椅子に座って目を閉じているだけなんですが私のほかにそばに誰かがいて肩を触ったり腰を触ったり足を引っ張ったりする感じがあるのだそうです


もちろん私のほかには施術室には誰もいません


入ってきてから誰も見てないはずですからいるはずはありませんが施術中にそのような感じがするといわれます


これだけの話ですと気持ち悪い話で「いやだ〜!気持ち悪い」で足が遠ざかってゆくことになるわけですがこの触られる感じやもまれる感じ、引っ張られる感じがなんとも気持ちよく体に作用することになり逆に喜ばれるようになっています



気のエネルギーの作用は面白いもので想定外の働きがあります


私ひとりの治療では足らないと言って天が助けてくれるのだろうか・・・


もしかしたら何人もの助け船が下りてきているのかも知れない


助かりま〜す  人手不足だから本当に助かります



楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)   
電話で救われるかもしれない遠隔治療   
楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)

呼吸の使い方でこんなにも変わるんだね


呼気と吸気


この違いを使い分けると見事に体が楽になった



といっても自分の体の不具合のことだがいつもと違う呼吸で行った結果自分でも驚くくらいに楽になっている


なるほど○○筋整法もいいもんだ

これは少し勉強のし甲斐があるかも




楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)   
電話で救われるかもしれない遠隔治療   
楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)

確信は持てないが気のエネルギーに少し変化が出てるみたい・・・


今までは気を送るときにこちらの体にエネルギーが出てゆく感覚が感じられることが多くその感じで相手の方の体にどのような変化が与えられたかを観ていた


が、どうもその感覚がなくてもあるいは少なくても相手の方が変化してることが多くなってきたようだ


これがいいのか悪いのかは別の問題だが結果的には相手の方が変化しているのであればそれでいいことになる


この変化は施術法の考え方が変化したことにあるかもしれない



今までは何でもかんでも治そうとがむしゃらに大きなエネルギーを出そうと考えてきたからその結果として体から出てゆくエネルギーの波動が相手の波動をとらえて反応して自分の体に返ってくるという形が多かった


最近はこのがむしゃらが少なくなった


要するに力まなくなったと言うことかもしれない


自然のままの力を相手の方に送って(というより自然に出てということかもしれない)自分の中での施術が終われば相手の方への治療は完了という形になってきた


結果的には施術時間は速くなってきている


その時に変化が出ている人もいれば出ていない人もいる


が、出ていない人は後で聞いてみると施術後にだんだん効果が出てきて楽になっているようでこのことから今までのようにその場でどうあっても効果を出さねばならないという力みが少なくできたのかもしれない


中には其の場で治さねばならないということから時間をかけすぎてなお疲れるという人もいることから気のエネルギーは与えすぎるのも良くないようである


もともと、施術の考え方としては其の場で完全に治すことが必要ではない


その人の自然治癒力が働くようにしてあげれればそれでよかったのである


どんなに其の場で完璧に治しても其の人の自然治癒力が働かない治し方をしては其の人はまたあとで苦しむことになる


自然治癒力が働く環境を作ってあげれれば其の事によって其の場で治る人もいれば後で徐々に良くなってくる人もいるわけだ




楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)   
電話で救われるかもしれない遠隔治療   
楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)

気療で施術していると子供の反応と大人の反応は少し違うみたいに思う


以前子供のS字の側湾症を施術したことがあったが見事にSの形になっていたのが施術を終えると真直ぐになったことがあった


身体が柔らかいこともあるが一番の要因は素直であることなんでしょうね


この素直さが気というエネルギーを遮らずに受け入れてくれるんだと思います

心の中に受け入れたくない意識あるいは潜在意識があったり生活の中で素直さが失われる生き方をしてくると身体の細胞が素直に反応してくれないことが多いですね


そういう意味では大人でも子供でも素直な心を持っている人は反応がよろしいということになります


われわれ大人は育てられ方や社会に出てからの生き方生かされ方で心が少し変わってくる場合があります


同じ鬱病にかかってもいつもマイナスイメージで心がすさんだ生き方をしている人は気療で施術しても効果は少なくひどい鬱状態でも心に素直さが残っている人は快癒してしまいます


すべてがこの心の状態によって決まるわけでもないですがこれが少し重要な要因であることに間違いいないようですね





楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)   
電話で救われるかもしれない遠隔治療   
楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)

肩凝りや腰痛などいろんな症状で来られる方のかかで気を受けているという感覚がわからない方がまれにおられます


正確に言うと感覚が本当にわからない方と、本当はわかっているがどのような感覚が気を受けているかが今まで体験がないから表現できないという方です


感覚が本当にわからないという方は、暖かいとか熱い感じ、びりびり感、暖かい空気に囲まれている感じ、身体の中を暖かいお湯が流れている感じ、身体が溶けてゆく感じなどそんな感じがわからないという方です


もう一つの本当はわかっているが表現ができない方というのは先の感覚が身体で感じているのだがそれが木の感覚であるということがわからないという方です

どちらも結果的には効果は出ているんですが、施術が終わった直後に身体の変化を尋ねると  

「わからない・・・・」


と答えますね



だから、


「じゃ〜  首や腰を動かしてください」


と言って施術前の身体の感覚と施術後の身体の感覚とを比較してもらうんですが


「あれ! 全く違う  軽い  痛くない  動きやすい」など


その違いに気付いてくれます


これが、気療で行っている施術なんですが中には身体をひねったりもんだりしないもんだから何もされていないと勘違いされる人もいます


でも、施術後に施術前との違いを身体を動かしたり異常があったところを再度触診してみたりしてみると明らかに違っていりことが理解されるんですね


気療とはこのように全く触らないで行うことができますが、最近は少しは何かをやっているということをわからしめるために「三軸修正法」なる施術法を取り入れてほんの少しだけど身体を触ったり少しひねったりしてやってます


この施術法も素晴らしいものでうまくその人に合えば数分で施術完了です


施術を受ける人はあっけないかもしれませんが効果は普通30分とか1時間する他の施術法と同じですね  あるいはその上かも・・・・・


忙しい人にはいい施術法です


楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)   
電話で救われるかもしれない遠隔治療   
楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)

三軸修正法という施術法は身体のアライメントを3つの軸を修正することで行うものです


この方法(考え方)は池上先生の独特なものですがそんなに難しくはないですね

理論があるからその理論にそって行えばすぐに答えが出てきます


理論もそんなに難しいものではなく簡単なもので理解できればすぐ応用もできます


その三軸修正法もならいはじめて半年がたった


今まで三軸修正法と気療とを組み合わせて施術を行ってきて結構結果も良くて段々時間をかけずに今までと同じように効果が出せることがわかってきた


時間をかけずに効果が出るのであればその方が患者さんにとってもいい話だと思う

忙しいのに1時間も30分もかけて施術してもらうより5分ほどで施術が完了し効果もあるというのであればその方が言いに決まってるから・・・


で、最近は本当に早い!


早い時は10分で3人くらいは施術できてしまうから自分でも驚きですね


早いのがいいというのではなく早く効果が出るのがいいと言っているんです


早くするだけなら時間がきたら施術をやめてしまえばいいだけで意味がないことですよね


早く良くなることが意味があることなんです


こんなこと言ってるけど、本当はまだまだこれからです

さて、またこれから頑張って勉強するか〜


楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)   
電話で救われるかもしれない遠隔治療   
楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)

紹介ではなくてインターネットの私のサイトをみてこられる人はどんな人が施術をしているのかどんな方法でしてもらえるのかわかんないから少し不安ですね


だからここに電話するまでは結構時間がかかるようです


そりゃ 当たり前だ!


自分が逆の立場だったら同じように考えるだろうな


ネットは文字と写真だから感じがよく伝わらない


だから怖そうにも見えるしそうでもなさそうにも見える


でも、たいていの場合大したことはない


電話で話してみてもわかるように自分で言うのもおかしいがやさしい  そして声は癒しの声 

先生の声を聞いているとすごく癒されます  なんて言われることは多い


で、始めてこられた方が言われました


「先生は、普通の人なんですね♪ 気功とか整体術とかする人は怖いイメージがあったけど普通の人なんですね〜」


って・・・


そりゃそうですよ

普通の人にきまってます


服だって特に施術着を来ていかめしそうにやってるわけでもない


普段着のままやってます


それに大きな声を張り上げてやってもいないし、神様だとか仏様だとか、霊だとか、言っていかめしそうにやってもいないしね

祭壇もないし・・・


大丈夫ですよ!


私って普通の人ですから(笑)




楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)   
電話で救われるかもしれない遠隔治療   
楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM