気というのは脳や身体の細胞から出る波動ですが、その波動に情報を載せなければただの波動です


対象物に向かって、どのようにしたいかの情報を載せればそれで対象物は変化します


楽しい情報を載せるかやさしい情報を載せるか、あるいは怒りの情報を載せるか悲しい情報を載せるかで対象物は変化の仕方が変わります



だから、どのように思うかはすごく大事ですね


私はこの思いを治療の道具として使ってます



身体の痛みを取りたいときはどの部分が痛いのかを頭の中で想像しながらそこの部分を色んな風に動かしたりなだめたりしてますが、それが情報となって相手の身体に反応を起こさせます



反応は大体その通りになって出てきますから思い方がよい方法であったならばその人は改善してゆきますね


精神的な症状の人でも同じです


その方が、苦しんでいることを和らげるように思いを飛ばしてゆきます


そうすると脳や身体の細胞が応えてくれます


そして、よくなってきたら私に教えてくれます


身体に触らずもんだりひねったりしないで相手の人の身体を改善してゆくこれが「気療法」なんです


不思議です・・・・





 

面白いもので時期によって患者さんの症状の似通った方が多くなることがある


ヘルニアの方が多くなったり肩こりの方が多くなったり、自律神経失調症の方や鬱症状の方が多くなったりすることがある


「楽庵」は最近は自律神経失調症、鬱、パニック症状などのメンタルの症状の患者さんが固まる傾向にある


直接治療にこられる対面施術にしても電話で治療を行う遠隔治療にしてもそのような症状の方が多い


もっとも日本ではこのような患者さんはかなり多くなっているから特に驚くことはないのだが・・・


その人によって症状は違うがともに苦しみは同じだ


そんな症状が本当に一変するのがこの「気療法」なのだが、気という特に理論的でもない不思議というかわけのわからないというか、人間の持っている不思議な力を使って治す治療法は効果がある


もちろんすべての人に効果があるわけでもないが効果が出る人は世の中が瞬時に変わったような感じになってしまいます

これがマッサージとか鍼とか普通の整体、カイロではなしえない効果であります

全く体に触れずに気というエネルギーに情報を載せて患者さんの体や脳に反応を及ぼすことで変化を起こすのであります


こんなことは、常識では考えられませんが実際に起こることであります


薬や注射では治らないが「気」でなおる


これが不思議でもあり人気でもあるのでしょうね


遠くの人は電話で行う治療法で行いますから気軽にお電話ください



  楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)    電話で救われるかもしれない遠隔治療    楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)

先日、ある患者さん?が予約しいて来られて施術を受ける前にいろいろ尋ねてきました 料金のこと、資格のこと、駐車場に車がない、など 料金についてはホームページ上で載せているので充分に分かっていてもらえているかと思いましたら少し勘違いされる部分があってそれに大してはホームページ上で少し注釈を入れて勘違いされないようにしました でも、今までに勘違いされた人はいなかったんですが・・・ わかりにくいときは事前に電話で問い合わせされてましたし・・・ 資格のことについてはどこでも資格を持っている人は部屋などの見えるところに飾っておくのが普通だ、といわれ、ないのは怪しいのでは? といわれました 私の考えでは、われわれの仕事は民間資格でその団体団体で発行する資格というか修了証書でそれほど価値があるわけでもありません(もちろん国家資格であればそれは必ず掲示します) 以前(店を構えていたとき)は、その賞状を壁にかけていましたが今の自宅兼仕事場にはかける気がしなくて、かけていません 私の考えとしては、賞状が患者さんの体を癒すわけでもないから特にかけないと決めしまってしまい込んで賞状も今はどこに行ったかわかりません この方の考え方は、ホームページでの案内は不明なところが多々あるし資格というものさしも患者さんに与える安心さは大事という考えでした 言っていることもわからないではないですが、私としては資格や終了証書などの賞状よりも実際に治すことができるか否かが大事でそのほうを優先したいと思います 普通の治療院みたいに駐車場に車がないというのは、患者さんがいないのでは? これについては、私のところは完全予約制でできるだけ患者さんがぶつからないように時間帯を変えているので駐車場に車がないのが普通です 患者さんにとっては、精神的な症状でこられる方も多く次の人とできるだけ会わないようにしているのです ここまでこられていろいろ疑念を持ってますと疑わしい顔で話しをされてまで施術はする気はありませんのでそのままお帰りいただきました 私としては、気療の治療の効果も人それぞれに違った形で出てきますから最初の料金は安く設定しているつもりです それでもし効果が気に入ったら続けてください、としています(治療以外のセッションは別体系です) 楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)    電話で救われるかもしれない遠隔治療    楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)

CRPSの患者さんが来られましたが知識不足でCRPSとは何か判らずとにかく身体が痛く筋肉が強張ってしまい手足の指の曲げ伸ばしや膝の痛みで座ることもできずで少し鬱状態にもなっていました


その場では、手術後に起きた症状ということで


「ま〜 なんであれこの痛みやこわばりが取れればそれでOKなんだろう」


と施術をおこないましたが、術後は全身の痛みは取れて正座もでき身体もすっきりしてしまいました


施術を始めると直ぐにこの方は今まで長い間この苦しみから逃れることができずにいた心が解放されてきたことから嗚咽と涙で施術の間中この苦しみからの解放をねがいながら治すことに集中しました



その甲斐あってか、この方の「気のエネルギー」を受け入れることができやすい体質なのか判らないが案外簡単に苦しみからの解放をさせてあげることができ良かったと思っています


CRPSとは「複合性局所疼痛症候群」という名前で手術後に起きる交感神経の過剰な活性化によって起きるものだそうです



この方も肩の痛みの手術をしてからこの症状にみまわれ苦しんできましたが気との相性が良かったのか1回でかなりの回復をしました


世の中でこのような症状に苦しんでいる方も多いとは思います



何が貴方の今の苦しみに効果があるかわかりませんが「気というエネルギー」も頭の中に入れておいてほしいと思っています

テレビで「5秒でウエストがほそくなる」という整体師の技を見せてもらいましたが


「すばらしー!」


の一言ですね


私も1秒でウエストが細くなるという技をある方から教えてもらって使っていましたが、個人差がありまして10cmほど細くなる人がいるかと思えばほとんど変わらないという人もいて少しばらつきがありすぎるということで最近は使っていません


このテレビで見ていた先生はウエストが5秒で細くできるということは、恐らく他の技も段違いに素晴らしい力を発揮してるだろうと推測できますね


1日で200人ほどの患者さんを診る先生や500人を診る先生、年間何百冊の本を読む先生など世の中素晴らしい力を持っている人がいるとつくづく感心させられてしまいます


人の体を治す人は世の中にやまほどいますがその頂点に立っている先生はただ単に少しの努力でなれたんじゃないと思います


われわれが思っている程度の頑張りではなく血がにじむくらいに勉強をされたんだと思います


そうすることで難しい人間の体の仕組みをいとも簡単に正常にしてしまう技を自分のものにしてしまったのだろうと思う


そんな素晴らしい先生たちの治す技(力)を見ていて自分ももう少しそのような先生たちの足元に近づくように勉強しなければ・・・なんて考えさせられました


(ちょいと遅いかも?)



でも、まだ大丈夫かも・・・




楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)    電話で救われるかもしれない遠隔治療    楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)

直接身体を触って行う治療法とは違い「気」というエネルギーを使って身体を治す方法だからこのようなことが起きるんですね



肩や背中がパンパンに張ってつらそうな方が来院されましたがその方の治療を治療の部屋で行って終わって結果を話していたら付き添いの方が


「治ってしまいました♪  ここにいただけで先ほどまで背中が張ってつらかったんですが治ってしまいました  こんなことがあるんですね〜???」


と言われて今までも複数人で来られた場合こんなことがよくあったのを思いました


さらに電話での治療でも小さなお子さんの場合、症状を聞いたり治療の経過を聞くときに母親にそばにいてもらうことにしてますがお子さんを治療して後で話を聞いてみると母親のほうもなおっているんですね 敏感な方はエネルギーがお子さんから伝わってくるのがわかるようです



こんな場合、笑って


「お得でしたね〜♪ おめでとうございます」


って言ってます


このような現象はほかの治療法ではありえないですね



気療法だからできる面白現象です

楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)            電話で救われるかもしれない遠隔治療              楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)

痛くて痛くてしようがなく病院や治療院、ほかの施術などを通ったがどうにもならず藁にもすがる気持ちで来て、其れが軽く身体を動かして身体を「トントン」と軽くたたいたかと思ったら痛みがなくなっていた


そんな人たちは施術が終わった後決まって


「なんですか〜?  これ!不思議〜・・・」


「まるで狐につままれているようだ」という表現をします



確かにそうかもしれないですね、ひねるわけでもなし強く押すわけでもなし、強くたたくわけでもなし、ほとんど身体を触っているかどうかわかんないうちに終わっていますしさらにまったく身体に触っていないのにゆがんだ骨が動いて痛みが取れているという現象をテレビの世界ではなく現実に自分が体験したわけだからそんな「まるで狐に包まれているようだ」という言葉になるんでしょうね



ましてや遠くにいる人をでんわで同じように治療するなんてことはテレビで見た経験しかないことでそんなことは「やらせ」くらいにしか思っていなかったのが実際に自分が電話で治ってゆく体験をして


「なんですか?こんなことがあるなんて・・・」


と、半信半疑でかけた電話でまったく違った世界にでもいったかのような体験をさせてもらい治ってゆくんですからこんな不思議なことはないですよね(笑い)


効果には多少差がありますがこのように驚くべき結果を得られる人のほうが多くいるんですね

(それほど、あるいはまったく効果がなかった人には申し訳がなかったと思いますが人それぞれに違いますので効果のほうも多少は違って出ますから仕方ないですね、だからそのための初回は格安の料金で自分に合っているかのお試し料金制度を設けています)


私の施術法があっている人たちは、決まって



「どうしてこんなことができるんですか?」



と言われますが、最近はいつも


「わかんないです」


と答えます


いろんな理由があると思いますが、まだ自分では完全には判っていないからそう答えることにしてます


そのうち自信をもって答えることができるようになったらその時は「こうです!」と言いますんで(難しい!)




楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)            電話で救われるかもしれない遠隔治療              楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)

最初に店を開院した時はカイロプラクティックが主体で施術を行ってました


ある程度年齢が行ってからの勉強だったので理論を覚えることや身体で感じ取り技を使ってゆくことは大変苦労させられた記憶があります


若かったら身体が直ぐにのみこんでくれるのですがそうはいかなかったですね(涙)

そのうち持病の椎間板ヘルニアが猛烈に痛くなってコルセットを二つほど腰に巻きながら汗を絞って施術をしてたんですがこのまま続けていたら患者さんを治すよりも自分のほうがダウンしてしまうことになると危機感を覚え施術法を変更することにしました


其れが今の施術法の原型である「気」で行う方法でしたが、ほとんど身体は使うことはなく身体から発する「気のエネルギー」のみでかんじゃさんに触れずに行う少し不思議なそして驚愕する方法でした


確かに、驚くことが多い施術法でほんの数十秒で今まで身体の痛みが消え動きにくかった腰や腕などどが動くようになるしいろいろな不思議な現象も見ることができたのです


しかし、この「気のエネルギー」による方法は味方によっては少しオカルトっぽい感じもしないでもないという意見があり身体に触れずに行われる施術だけでなく身体に触れてもいいという考え方も導入することで施術効果を高めることにしたところ効果のばらつきは少なくなり効果も一段と高くなったのです


ただ、身体に触れるといってももんだりねじったりとか骨を「ボキッ」と動かすことはしないでほんの少しだけ患者さんにとって快適な位置に身体を動かすだけで患者さんにも施術する自分にも負担にならない方法を取り入れたのです


習ってからしばらくは自分では分かったつもりでいたがなかなか成果を出せることができずこの方法はもうやめにしようと考えていたらある日突然簡単にできてしまったんですね

 
要するに、それまでは頭の中でやり方ばかりにとらわれていたんです

理屈が先行していて感覚を少し後ろのほうにおいてきてしまってたんですね


其れがある日患者さんの身体を動かしているときに「この位置がピタッとくる位置だ」と身体で感ずることができその位置で簡単な施術をしたらいとも簡単に患者さんの状態が良くなったんです


それ以来、患者さんの身体の状態を自分の身体で感ずるというかとらえるというか、感覚を大事にして行くことにして施術をしてますがそうしたら本当に簡単に治ってしまいますから不思議なもんです


今は「気のエネルギー」と「身体の軸を整える」の二つで施術をおこなってますが簡単にシンプルな方法で行ってます 楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)            電話で救われるかもしれない遠隔治療              楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)

身体のメカニズムというのはよくわからないことが多いが自分でやってる治療法も理屈はよくわからない

何にもしてないのに頭の中で少し「思う」ことで痛みが消えたり歩けなかったのが歩けたり腕が回らなかったのが回ったり耳が聞こえたり 


本当に不思議なものだ


世の中いろんな理屈があってこれを説明しているが、中には「神さま」「霊」を説明に出すことが多いようだ


確かによくわかんないことは「神さま」「霊」のおかげにしておくのが一番いいようでそれも一つの方便かなと思っている


それはそれとして、いつも患者さんの身体を治していて思うのは患者さんの身体の中を気のエネルギーを通しているとノイズを感じ取れる


頭のてっぺんから足先まで・・


意識で通す時もあれば手を身体に沿って動かして行くときもある


その時にノイズを感じる



不思議のそのノイズを感じた個所は悪いとことであることが多いようでその個所を少し治療するとノイズが消えもう一度身体をスキャンするときれいに流れができる


その時は自分も気持ち良く感じているし患者さんも気持ち良く感じている見たい


このノイズを感じたり気持ちよく感じたりするこの細胞の反応は何なんだろう?と思うことがあるが多分いろんな理屈があって其れを説明することもできるんだろうと思うが今の自分にはその理屈はほしくない


自然に感じてくれる身体の細胞があればそれでいい、と思うから・・・


其れにノイズだけでなく時々頭の中に見える映像みたいなものも教えてくれる細胞があればそれでいい・・・




楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)            電話で救われるかもしれない遠隔治療              楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)

何年使っていても気って面白いと思います

物理的な作用を加えないでも相手の身体や脳に自分の意志を伝えて 身体に作用させてゆくことができるから・・・

たとえば、骨を動かすとか内臓を動かすとか相手の身体を自由に意思通り動かすとかができる

しかも目の前にいなくても電話で繋いで話をしながらその作用を発揮させることができる


こんな面白い(失礼!)不思議なものはない

人間物理的に作用させるとすれば自分の身体が動く範囲、せいぜい2メートルくらいかな?

それしかできないのがただ座っていてあるいは立っていてでもいいが頭に思いを巡らせるだけで言えの外、北海道、沖縄、海外、地球の裏などいろんなところに瞬時に作用させることができる

これって何だろう?

なんて初めのころは一生懸命考えたがだめだ!

私の小さい頭で考えてもぐるぐる回っているだけだ

考えても判らない


それならそのまま受け入れるのが一番たやすいことだ


わかんないのだからそのままその現象を受け入れることにすれば心はいつも軽い状態になる

その軽い状態で治療を行えばさらにいい結果が出ることに気付いた

そうか〜 こちらが喜べばあちらも喜ぶのか〜

こちらが悩めばあちらも悩むのか〜

だったら心は軽いほうがいいに決まっているね♪


そうして使っているとやはり気って面白い


楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)            電話で救われるかもしれない遠隔治療              楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM