気を流した途端、今まで重苦しかった首がコクンと動いた


そのあとすぐに肩の張りや頭の痛みが取れ始め身体が軽くなった


そんな体験です

「気」というとあんまり信じない人が多い


「気よりも直接身体に触ってもらってもんだり押したりひねったりしてもらった方がいいというのが多くの人たちの思いかもしれない


が、案外「気」って面白いもんです


もちろん怖いもんではないです

ただ得体が知れないというだけで近付かない人が多いのかもしれない


でもこれってたぶん先端治療だと思うんですね

何らかの原因で身体の治癒力が働かなくなった人に施術者から「思いのエネルギーを気という波動の周波数に乗せて相手の身体の細胞に働きかけて細胞を目覚めさせ働きを活発にさせることができるなんてこんな面白い治療法はない


50年ほど前ならSF小説なんかに出てくる未来の医術のようなもの


人間の細胞って脳だけがいろんな受信したり発信したりしてさまざまな働きをするんではなく人間の細胞の一つ一つが受信して発信していろんな働きをするんですね(たぶん、科学者じゃないから断定はできないので想像ですが)


うまく波長の波形が合えば受信者と発信者は言葉がなくても身体の細胞同士が会話をしてくれます


その会話で細胞が元気になって身体が元気に動き始めるあるいは治り始めるんですね

どんなに遠くにいても相手を知らなくても平気です


お互いが石を通じ合えればそれで「気」は通じます


遠隔治療で行いました


コクンと首の中で動いたと思ったら身体が楽になりました♪



楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)   
電話で救われるかもしれない遠隔治療   
楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)

「自発動」・・・

何らかのきっかけで身体が勝手に動き始める現象のことで気等のエネルギーを相手に送ることで受けた人が首や腕や脚、腰等をグルグル回すような動きとかガタガタと音を当てるくらいに身体を痙攣したみたいに動かすとかするのを自発動と言っている


これは必ずしも気等のエネルギーを意識的に送らなくても出てくるもので本人が意識していないときにでも起こりうるものですが、どちらも本人が非常にリラックスしているときにおこりやすいものです


この動きが出る状態は、身体の中で悪いところ、動きの悪いところ、などが自己治癒力が働いて治そうとして起きものでさまざまな動きの後では実にすっきりした状態になれます

以前にも話したように人間にはこのようなエネルギー(波動)を発する器官と受け付ける器官がありますが受け付ける器官が発達している人は初回でも激しく動きが出ます

反対に受け付ける器官が未発達の人は全く感覚がわかりませんね


最近、遠隔治療でこのような自発動を出す方が増えていて首を痛めた人、腰を痛めた人、精神的に問題がある人、更に難治性の病気の人などそれぞれに違う動きをして症状の改善を図られているようです



楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)   

電話で救われるかもしれない遠隔治療   

楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)

患者さんを治そうとするときに「治す」という面が前面に出る場合と「救う」という面が前面に出る場合とがある


何でそのような気持に違いが出るのかはわからないが患者さんを目の前にしたときあるいは電話口に出たときにその考え方が決まるようです


で、当然その違いにより行われる施術内容が違ってきます

これは患者さんにはわからないです

私の頭の中でしか区別してないですから患者さんにはわかんないですね


「治す」というときは自分の持っている力を瞬間的にも持続的にも大きく使って患者さんに作用させていることが多いです いわゆる男性的な治療を行っています

「救う」というときには、なぜか心がやさしくなっています
すごく静かになってこの患者さんの歩いてきた道をやさしく見ているような感じで眺めています  いわゆる包み込むような女性的な治療です

どうしてそのような違いが出てくるのかは自分ではわからないのですが出てきます

たぶん、その患者さんの受けているダメージを何らかの形で受け取っているんでしょうね

その受け取り方でこの患者さんを治すにはどのような「気」を使えばいいのか身体が教えてくれるんだと思います


今日も、遠隔治療の依頼がありました

椎間板ヘルニアで脚が痛み坐骨神経痛になり苦しんでいる方です

この方には「救う」の気が良かったようでやさしく包み込むような気を送りました処痛みが軽減し身体全体が楽になりました




楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)   

電話で救われるかもしれない遠隔治療   


楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)

病院へ行っての治療や整体やカイロプラクティックなどの手技(身体をもんだりねじったりする)を使う施術法に慣れている人は電話を使ってしかも遠く離れたところから自分の症状が治せるなんて聞いたって信じることはできないのが普通

当たり前のこと!

なんですが、世の中には当たり前のことじゃないことが結構あるんじゃないのかな〜
だから面白いんだろうね  世の中は・・・


実際、ここ楽庵では目の前の治療も触ることなく行われています
まあ 距離感はないけど・・・触ってはいません
触っているのは簡単な検査確認するときだけにしてます


その距離感が実測で何百キロも何千キロも離れたということだけなんですがそのれは実測距離の話で私と患者さんの距離感は全くありません
電話で話をしているときは目の前以上に近い距離感なんですね

これが面白い

人間の頭(脳)はすぐだまされるから・・・

錯覚をしてしまうから・・・

目の前にいると思いこませれば思いこんでくれるんです

だから触っていなくても目に見えなくても脳がすぐそばにいると思えばいることになってしまうんです
治療は、距離感なくできます

面白いもので触ることができなくなると今度は違う力が働いてその人を触っているというか頭の上から脚の底まで眺めているとどこが悪いところなのかが分かってくるときがあります
そのところを治療してすっきり感が出たら治ってるんですね

そんな遠隔治療をしてほしいという依頼が今日も数件ありました


数分ですっきりする人、10分ほどで良くなってくる人、気持ちよく感じる人、頭がとろけるように安らいでゆく人、あまり感じはしないけど結果的に痛みがなくなる人、身体が自在に動き始める人
いろいろです

私にとっては、むしろ見えない方がいい時もあります

目の前で、痛がって腰を曲げてくる人などは目に入ってしまうから頭の中に「治るかな?」と不安が入ってしまいます

それが結果に影響を及ぼしてしまうことがありますが見えないとそれはわかりにくいですよね

だから、治しやすいんですね

もっといえば、難病みたいなものは自分で理解していなければわからないから何も考えずに行うことができます

その方がいい結果を生みます

この「気」を使う世界は実に面白いもんです


遠隔治療は1,000円で初回は受けることができます
受けてみて、効果を確認してから次回以降正式に手続きして受けてください
詳しくは本館ホームページを参照してください


楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)   

楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)

長い間病んでいると一つか二つの症状だけではおさまらなくなって10〜30ほどの症状を訴えてきます

本人にとってはそれすべてが訴えなければならない症状なんですが、われわれにとっては多くの症状があってもそれはいくつかにまとまってしまうものです

一か所を治せば10ほどの症状が普通は消えます

多くの症状があればある程身体の歪みが原因とする症状のほかに精神的な症状、内臓の障害がプラスアルファーとなってついてきますからそれらが更に症状のレパートリーを増やします

早くその地獄から脱出したいといろんなところを回ってきますが、なかなか脱出できないのです

病院へ行っても特におかしいところがないといわれる患者さんは本当に困ってしまいますね

結局薬を飲むしかないのですから・・・


こんな悪循環から抜け出したいと今日もそんな患者さんからお電話を頂きました

お電話で約10分ほどの治療でほとんどの症状が消えてしまってしまいました

特に自律神経失調症とか抑うつ症などとか病気なのか病気でないのか分かりにくい症状で病院へ行ってもなかなか治らないと苦しんでいる方は一度目先を変えて違った治療に挑戦してみるのもいいと思います

楽庵の遠隔治療は初めは1,000円でお試しできます
詳しくは本館ホームページ参照


楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)   

楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)




「治ります!」

あなたの症状は治ります!



十数年来たくさんの症状で苦しんできた患者さんですが自律神経失調症と診断されて毎日が苦しい生活を送っています

たぶんいろんな病院や治療院へ通われたと思いますが一向によくならず薬だけが増える日々だったと思います


挙句の果てに霊がついているといわれ不安を助長されることまで言われて・・・
霊の世界は全く否定はしませんがほとんどの場合はそうじゃありませんね


初めは、身体に疲労がたまってきてそのうちに身体に歪みが起きて神経の圧迫阻害、そして血流の圧迫阻害などが起き身体が正常に機能しなくなってきたのだとおもいます

身体が正常に機能しなくなると脳も機能低下します

身体も司令塔である脳も機能不全にに近い形になってしまって気持ちまでは落ち込んでしまう状態になる

そうすると何をするにしても弱気になり不安になり身体がいい方向に向いてくれませんね


まずは、身体の不調を取ってあげればいいのです
身体が快の状態になれば脳も気持ち良く感じます


その循環です 治療は・・・・・

そんな患者さんに遠隔治療でまずは身体に出ているサインを取り脳に対してうまく指令が出るように働きかける

そんなことで、十数年来の自律神経失調症の方の症状が1/4になりました

脳が気持ちよく感じれば司令もうまく出てきて伝わります


楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)   

楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)

さっそく新しく取り入れた施術法を確かめてみることに・・・


症状としては首の痛みと可動域の制限、肩や背中の張りがあり気持ちが悪い状態

電話を持った状態ですが上半身下半身の可動をしてもらい動きがしにくいあるいはしやすい状態の確認を行う

後はそのまま楽にしていてもらい1〜2秒後に結果の確認を行うと明らかに変化が起こっています

首の動きがよくなってきているとのことで次は背中(脊柱)の状態をこちらで感じ取り影響を及ぼしている個所をポンで動いてもらうと背中の張りが消えていました


腰の状態も前屈が楽にできるようになり身体全体がスッとなってきているのを感じています


この間、2分ほど・・・・・・



「なんともすさまじい〜」





体中が故障?

肩、腰、脚、足の裏、指のねんざ、股関節の痛み、を治してほしいとの依頼を遠隔で受ける

電話の向こうでいろいろ身体の動きをしてもらってどこが異常を起こしているか検査を行いその異常に従って遠隔を始める

1回1分から2分を行い其れ毎に結果を確認しながら進めると身体の異常は少しづつ改善し始める

特に股関節の異常については本人は何とかしてほしい思いを持っているようですからそこに時間を多くかけるように行った


結果、股関節の異常(痛み、可動性の制限)については回復する

また、肩、腰についても改善


だが、今回は足の裏の痛み、指のねんざについては少し違和感を残した状態で終了でこの後様子を見るということにした


(後日)

後日、再度遠隔依頼がありその時に足の裏の痛みについては1週間後に取れましたという報告があり指の違和感についてもかなり軽くなったという話を聞きひとまず安心です

その時に再度遠隔を行いましたが指の違和感はほとんど解消しました





普通の人が「気の遠隔治療」なんて聞いたらあほらしくて聞く耳を持たないというのが大半だろう

自分もこの世界に入らなければそのように思ったに違いない
テレビの世界で遠くにいる人を電話を通じたり電話を使わなかったりして行う気の遠隔操作あるいは遠隔治療はまやかしに違いない、テレビのやらせと思っていただろう


それが「気」という力を使うことができるようになって目の前にいる人を触らずに治したり、自由に人を動かしたり、遠くにいる人の症状を撮ってあげたりすることができるようになって「気」というものの不思議さを感じるようになってきた

初めのうちは相手に「気」が伝わっているかどうかがあまり分からない状態で人と接触していたがだんだん経験を積むようになって「気」が相手に伝わってつながった感覚が分かるようになってきた

更に、相手の状態(症状)がどのレベルに回復しているかが「気」を流しているときに自分の身体の中を流れる「気」の流れ方でとらえることもできるようになってきた

「気」とはよく言ったものだと思う

「気」とは思うことであるような気がする

よくなると思えばよくなるし、悪くなると思えば悪くなる

自然の力とつながったと思えばつながるし骨が動くと思えば動く


だから遠隔治療のように遠くにいる人を治療するときでも遠くにいると思わないですぐそばにいると思えば治療は簡単なんですね

そうして、身体が目の前にあって筋肉の状態や骨の歪み状態、骨盤のゆがみや身体の痛み、あるいは内臓の状態、脳の状態、精神状態などを見えてるように行うことで遠隔治療は成り立ちます

じっと、意識を集中すれば身体の中がなんとなく見えてくることがあります
実際に映像になることは少ないですが身体に感じる感覚が目の前に身体の中をイメージさせてくれます

その感覚をたどってゆけば悪いところが改善してゆくのが分かりますね





この病気は、まだ治す方法が無いみたい

全身18箇所のうち11箇所の痛みが出たらこの病気を疑うことになる
そのほかに鬱的症状や不眠などの症状も伴うよう
筋痛症の痛みは半端ではない
少し触っただけでも凄く痛がります

こんな症状の方はたまにこられます
その時は、病名はありません
たぶん本人はただの肩こりとか、腰痛だとか、脚の痛みだとかでそんなだいそれた病気だとは気が付いていないからでしょうね

こちらもそんな病気だとは知らずにやってしまっているときがあります

おかしなもので、難しい病気だとは知らないでやっていると案外良くなるんですね
気とはそこに思いが乗っかっているから難しいと言う思いが気の中に入り込んでいると治りにくいし、コレは普通の肩こりや腰痛だと思ってやっていると案外簡単に痛みが和らぐことがある

そんな痛みをまずは電話施術で取れるかどうか試してみませんか?
気とは不思議なものです
案外上手く行くかもしれませんよ


電話による遠隔施術は本館ホームページで確認してください
(初回は無料です)


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM