先日のブログでCRPS(複合性局所疼痛症候群)の患者さんの治療のことを少し書きました


そしたら、治療効果がよく出ている方が

「実は、私もはじめは痛みが出ました。次の日から痛くなってきたけど絶対によくなると信じて我慢してたら回数を重ねるうちに痛みはなくなってきたのを話さねばならない」


と、教えてくれました


この方、自分の苦しんできた病気と一緒の病気で苦しんでいる方に少しでも希望を与えることができればと、話してくれんたんですね


確かにこんな体験を話してくれれば、治療を受けて途中でやめた方には朗報になります

痛みが、出てきた人がもう少し我慢すればよくなる!と信じこめるからです


人間とは面白いものです


信じると、不思議なほど大きな力を出します


絶対に治る、と信じるあるいは絶対に歩ける、と頭に思い込むと確かにそのように体は動き始めるようです


理屈で頭に思いこませてもだめです


体で、そのように反応しなければ体の細胞はそのようには働かないかもしれませんね



これが大事です!


楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)    電話で救われるかもしれない遠隔治療    楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM