病院での診断は繊維筋痛症


身体のあちこちが痛くてたまらない

圧痛点を押して検査して痛みがでる

この病気の特徴だ


普通に来院される患者さんが肩こりだとか腰痛だとか背中痛など色んな症状を持っている人が同じように圧痛点を押せば同じように痛がる


だから普通はわかりにくい


が、痛みが 特に強いし軽減しないことで判明するようだ


そんな患者さんの治療を開始しまして数回で痛みがかなり消えてきました


圧痛点を押しても痛がることが少なくなってきました


この病気の治療としての特徴は開始してからしばらくは痛みが強くなったと感じることが多い


がしかし、これは治療し始めると痛みがかなり軽減されるのでその反動で痛みが戻ってくるときに元の痛みの強さではなくてもそのギャップで痛みが強く感じることが多い


今回もそうだったが明らかに圧痛点の痛みが軽減されていることが分かっていたので本人も頑張ってくれた


そのおかげで苦しみからは解放される日が近づいてきている










 脊髄梗塞ですと言われて ??? と一瞬なんだ?と思った


初めて聴く病名だからだ


それもそのはず 脳梗塞の発症率の数百分の一くらいの発症率出そうである


11年間で初めての出会いだ


これは病名の通り脊髄のどこかで血管が詰まり血が通わなくなる病気で発症したらマヒが起こるもの


そんな病気で身体や四肢に稼働制限が起きている患者さんが来られまして治療を開始してます


脚の可動制限、指の可動制限が主な症状ですがいままでに数回の治療を行ってきましたが脚や指は治療中は曲がることができ始めていますが翌日には元の近くに戻ってしまいます



でも、治療中に曲がるってことは動くという証拠


少し忍耐ずよく治療を続けていけばかなり良いところまで回復すると思われます


体中が痛くてめまいもする耳もおかしい

病院へ行ってもわかんない

ついには繊維筋痛症の疑いもあるなんて言われて困っていた患者さん



症状を聞いて行くうちにおかしい?


それに身体を検査して痛みの確認をしても繊維筋痛症でもなさそう

そして腰の骨を触ったとたん

「これってかなり長い間腰が痛かったんでは?その間治療してた?」


と聴くとしていなかったみたい


なるほど!


こんな患者さん結構います


長い間痛みをほおっておいて体中に痛みが出て神経がおかしくなっている人

ちょっと身体を触っても飛び上がるほど痛いとか気持ち悪いとか普通と違うアクションをします

そんな患者さん、一通りの治療をすると身体の痛みが軽減しました

身体の可動域もぐっと広がって動きも良好♪


もうチョイとだけ頑張りましょうね  きっと良くなりますから。


もっと先から病院だけでなく我々みたい治療院へも行っていればもっと早く良くなっていたのに・・・

 

 電話での遠隔治療を行っていて途中途中で確認をしながら治療を進めていますがそんな時


「先生の指が手が身体の中に入ってきてマッサージをしてくれている感じがします」


て話してくれた。


そういえば以前にもそんな話を何回も聞いたな〜 っておもいだした


「ベットに寝ているんだけど、先生が一人しかいないはずなんだけど周りに何人もの人がいてその人たちが私の体を触って、もんで、治してる感じがしました」


という


面白い現象ですがこんなことってよくあるんですよね


高次元な霊の世界とかなんかではよくこんな話をしますが私は特に霊とか高次元の世界とかを意識はしてません


私が送り出す「気のエネルギー」で身体を施術しただけで人間が持っているそのエネルギーがなせる技業でしかないと思ってます。今のところは・・・


そのう高次の霊が見えたり話しかけてこられたりしたら少し信じるかもしれないけどもね。


電話での治療である難治性の病気の方ですが、感受性のよいかたでこちらからの「気」の治療箇所をきちんととらえてその感じを伝えてきてくれる方がいます



今どの部分を治療していてそれが面で治療しているのか点で治療しているのかもわかりそれを指摘してくれて自分が直してほしい所に誘導してくれます


こんな患者さんは久しぶりです


「気」の感覚を敏感にとらえてくれてすごい反応をしてくる患者さんは多いですが、正確にどの部分だとかどのように治療しているとかをわかってくれる人は少ないですよね



そんな患者さんとやり取りしてるのはすごく勉強になりますしわくわくしますね


本当!久しぶりです


後はこの患者さんがよくなっていってくれれば万々歳です♪



 

私の治療法の特殊性からCRPS,RSDなどの患者さんの依頼がよくあります

患者さんから


「私の症状は治りますか?」


と問い合わせされますが、そんな時私は

「やってみなければわかりません」

と応えています


治療による反応は千差万別です


よくなる人もいれば変わらない人もいます(実際にはよくなる人のほうが多いですが・・・)

「それでも良ければ治療をお受けします」


と言って治療を開始します


その時に少し注意点がありますがそれは治療を開始すると、数日以内に痛みが出ることがあるということですね


その痛みは、治療を開始する前の痛みより痛いことがあるんですね


しかし、この痛みに耐えて治療を重ねてゆくとだんだん痛みの程度は軽減されてきてそのうちに痛みはほとんどなくなります


そのことを良く含んで治療の依頼をしてください


ただ、治療の回数を重ねても痛みの程度が軽減されてこない場合はその時は私の治療法があっていないかもしれませんから中止したほうがいいとも思います


そのことを良くお考えの上治療の依頼をしていただければありがたいですね


もちろん全く痛みが出ない場合もありますから全てが痛い思いをするとは限りませんがあらかじめ情報としてそんなこともあると認識を持っていたほうがいいと思いましたから・・・・・

1

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM