メールでのご相談です

 

母親の腰が椎間板がすり減って神経を圧迫 足が痛くて歩くのが困難ということです

病院へ通っているがなかなか治らない

 

ということでその夜にスカイプによる遠隔治療を行いました

始めて5分くらいで一度本人の回復具合を確認したら台分軽くなってるということです

 

が、まだ少し違和感が残るということで再度そこに集中して気を送る

さらに脳に対しても気を送る

 

と、今度はかなり回復したみたいです

 

立って歩いてみても痛みはほとんどなくうれしくて涙が出てるよう

 

終わってから娘さんに代わって話を聞いたら7年ほど前に私の遠隔治療を一度受けてそれ以来身体の痛みが消えてしまって今に至っているということで今回もその経験から母親を紹介したそうです

 

何とか一回で治ればいいんですが・・・・・

 

 

本日はいつも来院されて対面治療を受ける方なんですがいよいよ冬到来ということっで遠くから通っていただいているので冬期期間は通えないということで遠隔治療の効果を確かめるため電話にて治療を行いました。

いつも電話で話しながら治療を行うスタイルと電話を切って行うスタイルを確かめましたがどちらも効果は同じであることを確認してもらいました。

北陸の冬は雪が多く道路も凍結がありますのでここまで来るには多くの時間と、危険を冒しながら車で来なければなりません。


遠隔治療にしてしまえばたぶん時間は1/5で済むと思います

主婦の方は時間がもったいないからこの方法で効果が出るならこれに冬期期間だけ切り替えてもらうことに。

でも、中には遠隔治療では効果が満足できない方もおられますからやはり確認してからが一番ですよね。


 

そろそろ北陸は冬になって雪が多くなってくる
道路は雪が多くまたアイスバーンなどになって遠くから来院される方々にとっては来院しづらい季節になってきました。

そこでその方々にはそろそろ遠隔治療に切り替えましょうか?

と話をしている。

人によっては直接治療をしたほうがいい人もいるがそうでなく電話で話をしながら治療ができるほうでも同じ結果を得ることができるので時間と安全を考えて希望の方には「遠隔治療」に切りかえている。

「気」というものをあんまり信じない人には胡散臭い話だが実際に治療を受けて効果を体験された方はよくわかんないけど楽になるということだけはわかってもらっている

ストレスを受けて体調がおかしい人や腰や肩が痛い人や胃腸の調子が悪いとか膝が痛いとか、難治性の病気を持っている人とかそんな人たちが「楽庵」に来てくれています。

1回目で大きく変化して今までの病院や他の治療は何だったんだろう?

なんて不思議な思いをして帰られる方が多くなってますね

この「遠隔治療」は必ずしも初めに来院されていな暮れも初めての方でもOKです

あんまり信じられない人のために「お試し」の料金設定もしています

初めての「遠隔治療は」1,000円/初回 で行っていますから受けてみたい方はメールかお電話でご連絡ください(ホームページ参照:射水市 気功 楽庵で検索)




 

気の治療は、どんな遠くにいても可能な治療法です

電話で症状を確認しながら治療を行ってゆく方法です


どんなに遠くに離れていてもすぐ目の前で治療を行っていると同じように効果が出ます


それは「気というエネルギー」の特質ですね


気は波動ですから電波と同じように瞬時に遠くに飛んでゆきます

その波動には意志が入っていて悪い所に作用するのです



そんな遠隔の治療を受けられた方が、受けた後でこんな感想を話されました


「まるで身体が膨らんだような感じです」



要するに身体が固くなってちじこまっていたのが気の治療を受けたことで細胞が緩んで身体が膨らんだような感じがしたということなんですね


この方には骨のゆがみを直してあげたことと脳へのストレスを解除させたこと、そして内臓の働きを改善させたことでそのような感じを受けたんだと思います


遠くにおられる方には電話を介して行いますが治療室にこられた場合は直接見ますがほとんど身体には触りません


それで身体的不具合や精神的苦痛を取り除いています


気の治療って本当に不思議ですね


  楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)    電話で救われるかもしれない遠隔治療    楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)

前回書いたパニック症状の「電車に乗れた!」  

の次は

「美容院へ行けた♪」 です


やはり、ある時突然に外に出ることに恐怖を覚えるようになり一歩も外に出ることができなくなっていた方ですが、以前より遠隔治療でかなりの改善をしていて外に出ることができるようになっていたが長い時間出ているとやはり少し不安になってきていた


そ方に「電車に乗れた」


の話をして、万が一外に出て不安の心が芽生えてきたらどうするかの対処法を教えて遠隔治療をした結果



「先生 美容院へ行ってこれました〜♪ しかも不安がなく行ってこれました」


これは進歩です  素晴らしい!


こんな電話が、掛かってきてお互いすごく喜んでいます


人間、いつも不安は必ず持っています


それを乗り越えられるかどうか  そこが問題なんですが同じような症状の人たちがそれを乗り越えられたという話を聞くと


「自分でも乗り越えられる」


と頭と体が受け入れてくれるんですね



そうしたらもう鬼に金棒!


治ったと同じになってしまう


体の司令塔の脳がそのように考えを改めたのだから一瞬のしてすべてが変わってしまうのです


それが芯からそのように思ったときに代わるんですね


見かけだけでは変わりません


芯から信じたときに代わるんです


その時のお手伝いとして「気療法」があります




楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)    電話で救われるかもしれない遠隔治療    楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)

突然起こったパニック症状


昨日までは普通に元気に生活してたのにある日突然車や電車に乗るのが怖くなった



何も変わったことをしたわけでもないのに・・・


そんなパニックに襲われて何年も何年もたって一向に治らない



それで思い切って電話で相談して治療を受けたら身体が楽になり気持ちも少し落ち着いてきた



何回か受けて、少しづつよくなってきた


が、やはり外に出て電車などに乗るのが怖かった



それが、その後も電話による遠隔治療を続けて行くうちにある日電車に乗ってみようという気持ちがふっと湧いてきてひと駅だけでもいいから乗ってみた


そしたら、乗れた!


少し怖かったけど乗れた!


うれしかった〜♪



不安はあったけど電車の乗れたのがうれしかった!


少し自信が出てきた

この状態ならたぶん明日も乗れるかも?


今はそんな状態です


遠隔治療を始めて数カ月たったけど、進歩してる自分がうれしい


と、お話してくれました


  

楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)    電話で救われるかもしれない遠隔治療    楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)

2〜3カ月ごとに遠隔をしている鬱、パニック症状の患者さん


久しぶりに電話が鳴りまして少し症状が出てきたから治療を受けたいとのことです


電話口からの声は以前のように沈んではいないし怖がってもいない様子


「始めます」


の合図で静かに患者さんの身体の中に気を流してよくが実に切れに流れます


頭の上から足の先まで透視をしてゆくがごときにスキャンをしてゆくが流れる気によどみはほとんどない


実になめらかに静かに暖かく流れてゆく感じがわかります



「もうよくなってますよ」


というと、電話口から


「ありがとうございます 身体が楽になり心が落ち着きました。ありがとうございます」


と返事が返ってきて静かに電話を切りました



本当にきれいな流れで昔のこの方の気の流れとは違っています


よかったですね〜♪

楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)    電話で救われるかもしれない遠隔治療    楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)

肩腰痛くて頭の重い

自律神経がおかしくなって体調がすぐれなくいろんなところで見てもらっているがなかなかよくならない


そんな患者さんの遠隔治療で


とうとう「魔法使い」にされてしまいました


電話で話をして症状を聞いて大体のことがわかったから「今から始めます」といって数分静かにしていてもらいましたが、終わってからの喜びようはなんとも言えない喜びでした



「先生! 先生は魔法使いですか〜 遠く離れてるのに私の体の中がわかるんですか〜」



って、びっくりして大きな声で叫んでます(失礼、只大きな声で話してるよりも少し興奮気味だったから叫んでますという言い回しにしました)


終わってすぐ身体が急激に楽になってきて少しびっくりしたんだと思います


確かに、100%ではないにしろ離れていても治療していると相手の方の身体の様子がわかります


その様子に合わせて治療をしてゆきますが、よくなってきたときはその感じが私の体に伝わってきます


だから、どのくらいよくなっているかあるいはあまりよくなって否かがわかります

○○さんの身体の様子からするとよくなっているのがわかりますしどこに問題があるかもわかりますので

「ここが悪いですね」

と言いながら治療します


○○さんの身体は治療が終わった時にはする前と後では痛みや体の動きが全く違いました


さらに、少し精神的にも落ち込んでいたのか不思議にも泣きたくないのに涙が出てきます


この涙が、身体の中のドロドロしたものを洗い流してくれ精神的にも身体的にもよくして行ってくれるのです


このときの喜びが「大きな叫び声」になったのです


そして私を「魔法使い」したのです

楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)    電話で救われるかもしれない遠隔治療    楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)

ある小学生の子、活発な子で遊んでいてよく転ぶらしい


小学生になってから3回、身体を後ろから倒れ、首、背中、腰と同じところを痛めた

その結果、首が動かなくなって腰が痛くて立てない、さらに脚に力が入らなくなって歩けなくなり車いすの状態になった


医者からは首はもう元に戻ることはないと宣告される

歩くのも難しいといわれて落ち込んでいたが、ある人から私のところの遠隔を受けてみたらどうかと教えられ1週間前から治療を受けていた


1回目の遠隔治療でまず首の動きが横の動きと後ろへの動きがよくなってきた
そして、脚に力が出始め車いすから立つことができ杖を使いながら少し歩くことができるようになった

2回目には首は回復しませんと言っていたのが前にも横に回すのもできるようになり元の普通の首の動きができるようになる
さらに、脚もさらに歩ける距離が増え杖をつかながら自分の病室とリハビリ室を往復する


3回目にはまだ腰が痛いのが残っていて杖を離すことができないと言っていたのが治療の終わりころには杖を離してわずか5〜6mではあるが歩くことができる


ほとんど医者から見放されていた身体の不自由がわずか3回の遠隔治療で回復してきているのです



まったく不思議な奇跡に近いことがこの子に起こっています

気というものは本当に不思議なものですが、人間の身体も不思議なものです


ましてや成長過程の子供のからだはさらに不思議な力を出してくれます


わずかの時間と回数で医者がもう諦めなさいと言っていたのがどんどん普通の身体に戻ってゆくという身体の奇跡が本当に不思議なものです


どこまで完全に身体の不自由さが戻るかはこの後もう少し遠隔治療をしてみなければならないがほとんど不自由がないくらいにまで戻るのではないかと思っています


またそうなってほしい  これから世の中にでて活躍してくれる若い世代なんだから・・・

  楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)    電話で救われるかもしれない遠隔治療    楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)

最近、遠隔治療も海外との人たちのが増え始めている 遠隔治療は電話かスカイプでするのですが海外の人は結構スカイプ使っているのであ互い料金を気にせず治療を行える 先日も紹介で頸椎椎間板ヘルニアの方の施術をしたが両手のしびれ、めまい、だるさを訴えられていましたが数回の治療でしびれは消失しました しかしながら、めまいについてはまだ完全ではなくもう少し残るということでしたが症状は確実に改善に向かっています 海外の人と遠隔治療をするときに問題なのは「言葉」です 私は英語も他の言葉も話せませんし理解することもできませんから治療を受ける人自身が日本語を話すことができ理解できる人でなければ無理です だから、いままでは大概は日本人が海外にいてその人たちからの遠隔治療ということで進めてきました 今回は、ブラジルの方たちで日系3世の方が多く日本語を少し話せたり理解できたりする人が多く何とか通じ合うことができています どうしても通じない場合はローマ字でチャットしながらとか通訳を通じながらの治療です ちょいと時間はかかりますがまあ何とかいけてます それともう一つは料金のやりとりですが、これが今は何とか出来てますが将来的には海外の人と直接出来る口座を作らねばならないかも? 楽庵の気療整体法とは(本館ホームページ)            電話で救われるかもしれない遠隔治療              楽庵先生の気まぐれ日記(日々の暮らし)


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM